スタッフブログ

共通テストの勉強はいつから?【三島校/三島市】

高校3年生はとうとう来月、テストを迎えることになります。

奨学生入試、特待生入試など今月ある学校もありますが、一般受験を検討している生徒は、この12月が勝負となります。

さて、危機感を覚えなければならないのは何も高校3年生だけではありません。

高校2年生のお子様、こちらに関しても意識をしていく必要があります。

 

河合塾の実施したアンケートによると、共通テストの準備をいつから進めているというものに対して、6割以上の高校2年生の生徒が秋までに何かしらの準備を進めているという結果になったとのことです。

 

もし「高校3年生になってから始めればいいや」と考えていると、出遅れた状態でスタートすることになるでしょう。

ただ、これは今だから言えることではなく、昔から言われていたことではあります。

かれこれ十数年前になりますが、私の時も、高校2年生の冬にはもう進めていかないと手遅れになるぞと発破をかけられていました。

特にその時期は修学旅行に行く学校が多く、またあと数週間で新しい1年を迎えるということで、「これが終わってからは気持ちを切り替えて!2年生ではあるけれど、年が明ければもう高校3年生だぞ!」と、ちくちく毎日先生が話していたものです。

 

当時の周りからすれば「まだ早くない?」と思う気持ちを持っている子も多くいましたが、実際自分の行きたい学校によっては、必要な学力も変わってきますし、どういった受験制度を活用するかで準備も相当変わっていきます。そのあたりがあいまいで、かつ何も準備をしていないとなったら、間違いなく困ることになるでしょう。

 

しかも、共通テストになってまだ回数を重ねていない中で、情報も完璧ではない。私たちの受験の時以上に、準備が必要となります。

 

少し話しておくと、共通テストになったからと言って、すさまじく難易度が上がったかというと、必ずしもそうではありません。

英語では文法がなくなって長文がメインになった。リスニングの配点が変更された。

数学では、日常の問題と絡めて思考する問題が出てくるなど、形式が変わった部分はありますが、求められる知識が増えたわけではありません。しっかりと知識をつけて、基礎を固めて、取り組む。これが必要となります。

 

そのため、この高校2年生のうちから知識固めを確実に行っていき、夏までに土台を作る。その後、共通テストや受験する学校の過去問を解いていくことで、準備を行っていく。

こうしたことが必要となっていきます。

 

勉強の方法やどの時期に何をやるべきかは、現状の学力や目指すべきところで変わってくるため、上記のものはあくまでも一例となりますが、間違いなく言えることは、周りはすでに準備を進めているということです。

 

自分の納得する道に進むことができるよう、今のうちから行動していきましょう!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 三島校□■
   教室直通:055-988-8183

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ