スタッフブログ

学校が始まりました【馬渕校/駿河区】

先週の木曜日から」学校が始まったところが多いのではないでしょうか?

久々の学校で友達と会えて嬉しい子、春休みを満喫してちょっと名残惜しく感じている子、様々なだと思いますが、とうとう新学期のスタートです!

今週から部活見学を始める生徒もおり、また委員会や係の仕事等の分担も進められ、着実に学校生活を送る準備が進められております。

 

さて、各学年それぞれに課題のある1年となります。

中学1年生であれば、学校生活に慣れること

中学3年生であれば、受験生としての行動をしっかりと移していくこと。

…中2は何でしょうね?

今日のブログは、この中学2年生について書いていきたいと思います。

先にお伝えしておきますと、個人的には、中学3年生に向けての準備を今のうちからすることが、中学2年生では大切なことだと考えています。

 

中学3年生になると、志望校に関しての下調べ、より難しい内容、内申点の確保、中体連に向けての追い込み…などなど。

これ以外にも様々なイベントごとがあったりするなど、かなり忙しい毎日になります。それこそ塾に通っている子であれば、ほぼほぼ毎日勉強をしに行くことになりますし。

 

先ほど、志望校調べとお伝えしましたが、例年なかなか行きたい学校が見つからず、かといってやりたいこともなく、全然決まらない子が出てきます。大体7月頃までに、第3希望くらいまでを決めて、学校で面談を行い、10月頃に仮の内申点を出され、現状を知る。その後、11月のテストを終え、県学調で自分の実力を把握して、12月には志望校を決定する。そのような流れになります。

志望校が決まらないということは、学校で面談を行っても実りになるものにはならないし、そもそも自分の目指すべき目標が定まらないため、「何を」「どのように」頑張らなければならないかが見えてきません。

 

また、静岡県の受験では内申点がものを言います。この内申点、果たして中学3年生の成績だけで上げきることは可能なのでしょうか?

正直、難しいです。相当な努力をしない限り、上げることができても2、ひどければ現状維持か下げられることもあります。

もちろん、最後の最後で内申点が4とか上がった子も見たことはありますが、それはごく少数です。

中2以上に内容が難しくなるため、点数自体も取ることが難しくなります。また、自分のライバルたちも「今年は気合を入れていくぞ」とスイッチが入っているため、自分の点数が上がったとしても周りも上がっているという状況になります。

 

自分が頑張ってもライバルも頑張っている。そうした中で差をつけることは非常に難しいです。

こういうこともあり、中学2年生というものは非常に重要となります。

志望校調べといっても中3になってからでは忙しい中で合間を縫って調べることになりなかなか時間を確保することができない。そのため、比較的時間のある中学2年生の時期に志望校についてある程度調べておく必要があります。自分の興味のあるところ、やりたいことがあるところ、家から近いところ、同じ部活の先輩が目指しているところ、いろいろと情報収集ができるでしょう。

 

また、成績に関していうと、6月のテスト、そして8月or9月のテスト、ここで上げきれるかがポイントです。夏休み明けの内容はどの教科も飛躍的に難易度が上がります。数学であれば関数や合同の証明、理科であれば電流・磁界といったように、ハードな内容となっていきます。それに伴って点数自体も取りりにくくなってしまう。中2の後半では点数がとりにくい、中3では成績に差をつけにくい、こういったことから中2の序盤で上げきることで、ある程度成績を確保して来年に備える。こうした作戦が必要となっていきます。

 

色々と意見はあるでしょうし、まだまだ書きたいことはありますが、中3になってから受験勉強すればいいや、中3になってから頑張ればいいや、と思っていると痛い目にあうことになるでしょう。

 

もし、現状でかなり成績がまずいな、受験の準備をさせていきたいなと考えている方は、ぜひご連絡ください!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ