スタッフブログ

人の印象について Part2

ピグマリオン効果

 

ハロー効果のついでに、相手をほめる、期待することで、良い結果を出せるようになる「ピグマリオン効果」もご紹介しておきましょう。

「ホメる」という行為は、相手の自己拡大につながり、ポテンシャルに意識を向けさせる効果があります。

ほめられることにより「もっとがんばろう!」や「期待に応えよう!」とモチベーションが上がるため、結果もついてくると考えられています。

また心理学では、元々持っている才能をほめるよりも、費やした努力の量や、そこに至るまでのプロセスをホメたほうが、モチベーションを維持できることが分かっています。

心理学者キャロル・デュエックは、子供たちを2つのグループに分け、簡単なパズルを行った実験を行っています。

400人の小学生を対象に、簡単なパズルを解かせ、ひとつのグループには「才能」をほめ、もう片方のグループには「努力」をほめました。

次に、新しいパズルに挑戦させ「簡単なパズル」と「難しいパズル」のどちらがよいか尋ねました。

すると、才能をほめたグループの大半が「簡単なパズル」を、努力をほめたグループの大半が「難しいパズル」を選んだのです。

反対に叱ったり、マイナスのイメージを与えることによって、実際に結果も悪くなってしまうことを「ゴーレム効果」と呼んでいます。

何をやっても続かない子供に対して「どうせまたあきらめるだろう」と批判的に接するよりも「いろいろなことに興味があっていいね」とほめることが大切です。

落ち込んでいる人に対して、失敗したことを責めるよりも、チャレンジしたことをほめることで、次の良い結果へ繋がります。

 

子供に対し叱るよりも褒めて伸ばしていくほうが効果的ということですね!

小さなことでも褒めていくことで本人のモチベーションにも繋がります!ご自宅でも小さなことでもいいので褒めてあげましょう!!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 

      😀 個別指導学院Hero’s 本通校 😀 
      教室直通:054-251‐5220

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ